親戚が結婚することになった。
決して遠い親戚ではないので、きっと招待されるのだろうと踏んでいる。
気になるのはどんな相手なのかだが、両親はあまりいい顔をしなかった。

それにはこんな理由がある。
その親戚は男性なのだが、家業を継ぐといって実家に戻ったものの大してものにならず挫折した。
その後は特に就職もせずアルバイトをやったり、やらなかったりしている。
Continue reading

北海道2日目の出来事です。札幌市内観光と旭川動物園に行く事になりました。
札幌市内のホテルに宿泊中の為、まずは旭川動物園に行く事になりました。
とにかく遠い。高速をひたすら走るも目的地までひたすら距離があります。
行くのを諦めようか考えたものの、そうそう来れる場所ではない為なんとか頑張って目的地にたどり着けました。
動物園は普段あまり行かないのですが、行ってみると夢中で見入ってしまいますね。
旭山動物園はとにかく広くて一周するのにかなり時間がかかりました。
どの動物もかわいかったのですが、特に黒ヒツジにハマりました。なんかあどけなさがある割に
見た目が黒って…笑
なかなか見れるものではなかったので、いいもの見たなぁと感動しました。
そんな旭山動物園を後に札幌市内に戻りました。帰り道もただただ高速道路で走り続けて大変でした。
札幌市内といえば有名なすすきのがあり、キャバクラなどの歓楽街というイメージが強かったのですが、
そういう場所はほんの一部で実際にはオシャレなショップが立ち並ぶいい街でした。
雑誌で見た事のある時計台も実物を見てきました。やはり大きくて貫禄があるなぁと思いました。
2日目はとにかく移動距離や歩いた距離が長いという印象が残った1日でした。

物語はリメイクがホントに元ネタに忠実に作られてたんだな~、と再認識させられる展開。
波平とフネの銀婚旅行に付き合わされたファミリーが、フリークス達に襲われるって話。今回は主にリメイクには無かった描写を列挙していきましょう。
リメイクではトラップでタイヤをパンクさせられ走行不能になるんですが、オリジナルはちょっと違う。低空飛行する戦闘機にファビョったフネが運転する波平の邪魔をして同じくご乱心、なんとそんな彼らの前に一匹のウサギ!ww これを躱そうとして事故ってしまうのでありました。このウサギがいきなりテラシュール。トレイラーに乗ってたマスオとカツオも吃驚です。何故かこの二人のファションはTシャツに短パンで、まるで小学生みたいですが。そういえばカツオは無駄にバック宙したりとかしてて、身体能力は高そうです。
事故直後の感想をカメラに向かって語る波平さん。元警官だった彼は過去に黒人に矢で射られたり、犬の死骸を投げつけられたり、自分の部下に撃たれたこともあるそうです。もうどこから突っ込んでいいのやら。そもそも事故の原因はあんたが無駄に車飛ばしてたせいだろ!
そうそう、ここでちょっとガラガラヘビの話が出てくるんですが、これも実はラストへの伏線だったりするのでお見逃しなく。
もう一つ前半の特筆は、不機嫌なわんこ二匹の様子を見て軽やかに談笑してるファミリー。「いやービーストが近所の飼い犬のプードルぶっ殺しちゃってねー。葬式代払わされて大変だったわー」と。酷い酷すぎる。

予定を立てる事が大好きであり、これから行ないたいな、と思う事柄をスケジュール帳に書き留め、どんどん実行しています。
温泉に行きたい、買い物をしたい、洋服を買いたい、デートをしたい、などすぐに実行できる事柄から本当に実行をするつもりがない事も願望として書き留めておくだけでいつの間にか実現している事があります。
Continue reading

アメリカのシアトルに住む友人からメールが届きました。
この友人とは昨夏のシベリアでのキャンプで一緒でして、いくつか私に尋ねたいことがあるようでした。
まずは本当にうまくいったと思う授業はありましたか?という質問。
シベリアの子どもたちとは、相撲や折り紙の授業がうまくいきました。
最後の方になるとネタ切れになり、もっと事前に色々なアクティビティを調べてこればよかったとも思いました。
大切なのは、子どもたちの興味関心を探ることです。
私は気づいたことがあればその都度メモし、英語の授業の改善につとめました。
キャンプの最後の日に、自分の思い出としてのこすために子どもたちに自分のプロフィールを書かせたのですが、これは最初にするべきでした。
言葉が通じなくても、書いてもらったり、一緒にスポーツをしたり、楽器を弾いてもらったりすることで子どもたちを知ることができました。
どれだけ理解しようとしても、完全に子どもたちを知ることはできませんが、知れば知るほど教えるのが楽しくなりました。
その他、子どもたちと山登りや乗馬を楽しんだことが気に入りました。
それから大人たちと夜にBBQをして、たくさん飲んだことも楽しかったです。